English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文筆數/總筆數 : 71463/104422 (68%)
造訪人次 : 19145579      線上人數 : 577
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
搜尋範圍 查詢小技巧:
  • 您可在西文檢索詞彙前後加上"雙引號",以獲取較精準的檢索結果
  • 若欲以作者姓名搜尋,建議至進階搜尋限定作者欄位,可獲得較完整資料
  • 進階搜尋
    請使用永久網址來引用或連結此文件: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/110467


    題名: 日露戦後における植民地経営と樺太統治機構の成立―日本政府内部の議論からみる―
    作者: 楊素霞
    Yang, Su-Hsia
    貢獻者: 日文系
    日期: 2016-03
    上傳時間: 2017-06-21 11:21:29 (UTC+8)
    摘要: 1905年9 月に樺太は日本の植民地となったが,軍政に続き,1907年4 月の樺太庁設置や「樺太ニ施行スヘキ法令ニ関スル法律」実施などで民政回復が完成した.本稿で,先行研究で用いられる政治的な対立という視点ではなく,政策決定に至るまでの政治的な交渉過程を通じて,日露戦後,陸軍の植民地経営を前提に,陸軍大臣寺内正毅と後の樺太を統轄する主務大臣である内務大臣原敬を中心に,中央政府が如何にして樺太統治機構を構築したのかを考察することが研究目的である.人口希薄と比較的平穏な情勢を背景に内地化のための産業開発の基盤作りを課題とした軍政期の植民地経営が原敬によって継承され,そのため樺太統治機構の構築は原敬と寺内の間に妥協する余地が残された.二人の交渉によって,原敬の内地法延長主張が六三法の内地法延長規定を元に採用され,また寺内の唱える,樺太庁長官の総合行政権案が台湾総督府官制を参考にして作り上げられた.一方,原敬の説く,樺太守備隊司令官による長官兼任論は首相の折衝により寺内に受け入れられ,さらに政府内で北海道庁官制・地方官官制に基づいて内務大臣による長官の指揮監督案が決定された.このように,樺太庁は上述の政治的な交渉過程で中央政府が植民地台湾,北海道と地方官官制を参照して構築した産物である.その総合行政権は,植民地経営に必要な行政的主導権,及び随時中央政府による介入の可能性を残した.さらに樺太統治機構の構築自体は,1900年代に大日本帝国の植民地経営がまだ模索中だったことを語る.
    關聯: 社会システム, No.32, 27-50
    資料類型: article
    顯示於類別:[日本語文學系] 期刊論文

    文件中的檔案:

    檔案 描述 大小格式瀏覽次數
    2750.pdf550KbAdobe PDF36檢視/開啟


    在政大典藏中所有的資料項目都受到原著作權保護.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - 回饋