English  |  正體中文  |  简体中文  |  Post-Print筆數 : 27 |  Items with full text/Total items : 94586/125118 (76%)
Visitors : 30534146      Online Users : 279
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/128552


    Title: 拉麵的社會史
    The inputs and outputs of the food cultures ―The social history of Ramen―
    Authors: 吳香萱
    Wu, Hsiang-Hsuan
    Contributors: 永井隆之
    吳香萱
    Wu, Hsiang-Hsuan
    Keywords: 拉麵
    食文化史
    日本文化
    表象文化
    ラーメン
    食文化史
    日本文化
    表象文化
    Date: 2020
    Issue Date: 2020-02-05 16:57:22 (UTC+8)
    Abstract: 1990年代日本大眾文化風靡全球,拉麵被視為日本的國民美食,廣受世界各地歡迎。台灣也出現許多日本連鎖的拉麵店,雖然價格比日本國內高出許多,仍大排長龍。 追溯其源頭,拉麵來自於中國。但現在儼然成為代表日本的國民美食。
    本論文首先考察拉麵中所隱含中國之意象,並闡述拉麵從中國傳入之後如何影響日本的社會、融入飲食生活及其融入之過程,探討其意象之轉變。最後,利用兒童讀物加以考證。
    在大眾媒體的包裝下,拉麵的日本意象逐漸覆蓋中國意象。在店家競爭激烈下,拉麵發展出許多口味以及針對不同客群的經營模式。1990年代後逐漸與日本的文化融合,成為代表日本的食物。日本人利用中國傳入的食物,加以包裝,最終以日本國民美食行銷至世界各地。這也可以說是日本文化的特色之一。
    90年代後半から海外では、日本のアニメや「かわいい」ファッション、ファミリーレストランなどに代表される日本の大衆文化が受容されるようになった。特にラーメンは「クール・ジャパン」の一項目として加わえられ、多くの店がアジア各地に軒を連ねている。台湾での日本のラーメンチェーンは、価格が日本より高いにも関わらず、人気があり、口コミがさらによい評判を生んで、店内に入るのに何時間も並ばなければならない店も登場している。
    日本の国民食といわれるラーメンであるが、それは90年代以降に形作られたイメージである。元を辿ればラーメンは中国や朝鮮、大陸を起源とし、その後80年代に入っても、中華料理の一種というイメージを維持し続けてきた。だが、それにも関わらず、現在では日本食を代表するものとなっている。
    本研究は、まずラーメンにおける中国表象や日本におけるラーメンの受容について検討を行った。そして、子供向けの本、ラーメンを作中に登場させるコンテンツを事例とし、ラーメンにまつわる中国的イメージや日本的イメージの諸要素について検討し、日本の国民食化に至るまでのラーメンのイメージの具体相、およびラーメンのイメージが多様化する可能性について探りたい。
    ラーメンはメディアの影響で、また販促のため、日本風にどんどん進化した。1990年代にラーメンは日本の文化と密接につながり、外来の食文化というルーツを隠蔽し始めた。ラーメンは緩やかに日本のシンポルになってしまった。日本人は、中国から伝来した食べ物をよく利用し、伝統と革新がせめぎ合い、最終的に日本の国民食として世界中へ売り出した。それも、日本文化のある独特な特徴であると考えられる。
    Reference: 著書

    河野友美『たべものと日本人』講談社、1974
    奥山侊伸『たかがラーメン、されどラーメン』株式会社主婦の友社、1982
    玉村豊男「たかがラーメンが『日本人エライ論』になる怖さ」週刊読売1983年5月8日号
    朝日ソノラマ編『驚異の年間46億食―インスタント・ラーメン30年』朝日ソノラマ、1987
    玉村豊男『食の地平線』文藝春秋、1993(1988年初版)
    野口均『シベリア・ラーメン物語』文藝春秋、1994
    ラーメン研究会編『ラーメン大研究』サンドケー出版局、1994
    里見真三「ラーメン博物館行列の怪」文藝春秋1994年7月号
    高崎隆治編『里村欣三著作集 第十二巻』大空社、1997
    奥村彪生『進化する麵食文化―ラーメンのルーツを探す』フーディアム・コミュニケーション、1998
    小菅桂子『にっぽんラーメン物語-中華ソバはいつどこで生まれたか』講談社、1998
    奥山忠政『ラーメンの文化経済学』芙蓉書房、2000
    河田剛『ラーメンの経済学』角川書店、2001
    大崎裕史『無敵のラーメン論』講談社新書、2002
    大久昌已・杉野邦彦『竹家食堂ものがたり―北のラーメン誕生秘話―』角川書店、2004
    原田信男『和食と日本文化 日本料理の社会史』小学館、2005
    石神秀幸『ラーメンの真髄』KKベストセラーズ、2007
    坂本一敏『誰も知らない 中国拉麺之路』小学館、2008
    竹中正治『ラーメンVS.マクドナルド』新潮社、2008
    奥村彪生『日本めん食文化の一三〇〇年』農山漁村文化協会、2014(2009年初版)
    佐野実『佐野実ラーメンの革命―麺は男、スープは女』朝日新聞、2009
    西村大志編『夜食の文化誌』青弓社、2010
    牧田幸裕『ラーメン郎に学ぶ経営学』東洋経済新報社、2010
    大崎裕史『日本ラーメン秘史』日本経済新聞社、2011
    速水健朗『ラーメンと愛国』講談社新書、2011
    ジョージ・ソルト著・野下祥子訳『ラーメンの語られざる歴史』三松堂、2015
    野嶋剛『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』小学舘、2018

    辞書

    新村出編『広辞苑』岩波書店、1955

    論文

    谷川賀苗「子どもの発達と絵本―子どもと絵本との出会いについての一考察―」(『人間文化学部研究年報』7号所収)帝塚山学院大学人間文化学部、2005
    高原一隆「食のB級グルメと地域活性化に関する実証研究 : 富良野オムカレーを事例に」(『季刊北海学園大学経済論集』第61巻第2号所収)北海学園大学経済学会、2013
    會澤のはら・片山美香・高橋敏之「幼児を対象とした集団における絵本の読み聞かせに関する研究動向」(『岡山大学教師教育開発センター紀要』第9巻所収)岡山大学教師教育開発センター、2019

    考察対象

    ねだよしおみ『らーめんつるつる』講談社、1978
    角野栄子『おばけのソッチラーメンをどうぞ』ポプラ社、1985
    岡田ゆたか『おいしいラーメンてんこうせい』ポプラ社、1986
    神保史郎『おまたせラーメン大統領』くもん出版、1986
    田原一朗『怪盗はラーメン作りの大名人』ポプラ社、1988
    寺村輝夫『こまったさんのラーメン』あかね書店、1988
    堀沢広幸『えんそくにいったラーメンはん』草炎社、1988
    やなせたかし『アンパンマンとらーめんてんし』フレーベル館、1988
    堀沢広幸『白雪ひめだよラーメンはん』草炎社、1989
    田森庸介『ラーメン城のたたかい』ポプラ社、1990
    しばはらら・ち『きょうりゅうのラーメン』教育画劇、1991
    中尾明『みそねこミケジローのなぞなぞラーメン』PHP研究所、1994
    宗谷つとむ『森のラーメン屋さん』(『ねこの三四郎―第六回志木市いろは文学賞作品集―』ぎょうせい、1996)
    しばはら・ち『ラーメンぽんぽこけん』鈴木出版、2000
    三田村信行『キャべたまたんてい ぎょうれつラーメンのひみつ』金の星社、2001
    原ゆたか『かいけつゾロリあついぜ!ラーメンたいけつ』ポプラ社、2001
    日本児童文学協会編『ごちそう大集合② 高木くんのカレー研究』偕成社、2003
    むらいかよ『しかえしはおばけラーメン』ポプラ社、2005
    たからしげる『ラーメン魔神亭―森のおくでひっそり営業中』ポプラ社、2006
    長谷川義史『ぼくがラーメンたべてるとき』教育画劇、2007
    水木しげる『ゲゲゲの鬼太郎と妖怪ラーメン』メディアファクトリー、2007
    苅田澄子『じごくのラーメンや』教育画劇、2010
    早川真知子『ちゃわん虫とぽんこつラーメン』文研出版、2010
    上條さなえ『しあわせラーメン めしあがれ!』汐文社、2011
    長谷川義史『ラーメンちゃん』絵本館、2011
    サトシン著『だって おさるだもん』小学館、2015
    田中六大『うどん対ラーメン』講談社、2016
    ときわひろみ『ラーメンひめ』教育画劇、2016
    富安陽子『天の川のラーメン屋』講談社、2017
    ささきみお『ラーメンこうばん』アリス館、2018

    インターネット

    新横浜ラーメン博物館のサイト:http://www.raumen.co.jp/rapedia/trivia/07.html 
    (最後閲覧:2019/9/26)
    ラーメン店「一蘭」のホームページ:https://zh-cht.ichiran.com/ramen/(最後閲覧:2019/10/2)
    アニメ『鬼灯の冷徹』、第弐期15話、https://www.youtube.com/watch?v=sJ9lYyTZlhw&list=PL12UaAf_xzfoz9LN_6KZX5jmA3u7Z8PYe&index=28(最後閲覧:2019/9/9)
    アニメ『鬼灯の冷徹』、第弐期23話、https://www.youtube.com/watch?v=dkVStfv__jU&list=PL12UaAf_xzfoz9LN_6KZX5jmA3u7Z8PYe&index=36(最後閲覧:2019/9/9)
    アニメ『同居人はひざ、時々頭の上』、第7話、https://tw.iqiyi.com/v_19rqty9kmw.html(最後閲覧:2019/9/11)
    アニメ『ラーメン大好き小泉さん』、第1話、https://anime1.me/category/2018%E5%B9%B4%E5%86%AC%E5%AD%A3/%E6%84%9B%E5%90%83%E6%8B%89%E9%BA%B5%E7%9A%84%E5%B0%8F%E6%B3%89%E5%90%8C%E5%AD%B8(最後閲覧:2019/12/11)
    食べログ長崎飯店 渋谷店:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13033880/dtlphotolst/4/smp2/(最後閲覧:2019/10/05)

    映画

    『お茶漬けの味』監督:小津安二郎(1952年松竹)
    『晩菊』監督:成瀬巳喜男(1954年東宝)
    『秋刀魚の味』監督:小津安二郎(1962年松竹)
    Description: 碩士
    國立政治大學
    日本語文學系
    105556003
    Source URI: http://thesis.lib.nccu.edu.tw/record/#G0105556003
    Data Type: thesis
    DOI: 10.6814/NCCU202000100
    Appears in Collections:[日本語文學系] 學位論文

    Files in This Item:

    File SizeFormat
    600301.pdf4690KbAdobe PDF0View/Open


    All items in 政大典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - Feedback