English  |  正體中文  |  简体中文  |  Post-Print筆數 : 27 |  Items with full text/Total items : 94586/125118 (76%)
Visitors : 30563202      Online Users : 164
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/128758


    Title: 明治時代的女性用語「wa」― 文法論的研究 ―
    明治時代の女性語「わ」― 文法論的研究 ―
    Authors: 菅原祐依
    Yui, Sugahara
    Contributors: 栗田岳
    Kurita Gaku
    菅原祐依
    Sugahara Yui
    Keywords: 終助詞「wa」
    女性用語「wa」
    明治時代的小説
    條件句「teha」
    「對比」的「ha」
    終助詞「わ」
    女性語「わ」
    明治時代の小説
    テハ条件文
    対比の「は」
    Date: 2020
    Issue Date: 2020-03-02 10:55:00 (UTC+8)
    Abstract:   目前為止的研究中,並沒有明確地探討的女性用語「wa」於文法上的特徴,及其實際使用的狀況。本研究之考察範圍定於被視為既是女性用語「wa」的起源,並最頻繁地被使用之明治時代,分析該時代20本小說中共418例之女性用語「wa」於文法上的特徴。
      上述所提及之例句中使用的女性用語「wa」通常具有多種文義,而本研究以這些例句中為基底,進一部探討說話者的「否定性判斷」。
      「否定性判斷」的內情(因素A)、「否定性判斷」口語化的方法(因素B)、「否定性判斷」所產生的責任所在(因素C)、藉由女性用語「wa」更新對話內容資訊的是哪一方說話者(因素D)、透過上述A~D等四種因素的結合,加以分析女性用語「wa」被口語化的各種例句。
      此外,本研究將一部分表示特殊判斷的「否定性判斷」例句定義為「通常性凌駕」。一般大眾對於「否定性判斷」的定義為「說話者否定某一件事情的成立」,然而此論文中的「通常性凌駕」則是經由承認「說話者無意識地、常規性地(例行性地)去否定一件事情」,於此一特性的前提下,來解說「否定性判斷」。
      如前文所述,本論文之立場為將「否定性判斷」認定為明治時代的女性用語「wa」的核心,同時,將「否定性判斷」中一部份之例句認定為「通常性凌駕」,此一特性與現代日語的條件句「teha」可尋有相同之處。再者,視為「通常性凌駕」的例句中,亦能看出其「對比」性。從此一「對比」性可以得知,明治時代的女性用語「wa」及現代日語之條件句「teha」與係助詞「ha」中的「對比」用法有連結。
     本研究の目的は、これまでの研究において、充分に考察されることのなかった、女性語「わ」の文法的性格、及び、使用実態を明らかにすることにある。その上で、本研究は、女性語「わ」の起源であり、かつ、それが盛んに用いられていた明治時代の用例を分析することとし、小説20作品中418例を調査対象とした。
     明治時代の女性語「わ」の現れる文は、文脈的に多様なニュアンスを帯びている。しかし、本研究は、それらの使用の根幹に、話し手の「否定的判断」があることを論じた。そして、「否定的判断」の内実(要素A)、「否定的判断」言語化の在り方(要素B)、「否定的判断」が生じる責任の所在(要素C)、及び、女性語「わ」の文によって知識状態が更新されているのは誰か(要素D)という、AからD各要素一つ一つの組み合わせによって、女性語「わ」の現れる文の多様性が解析されることを明らかにした。
     さらに、本研究は、「否定的判断」の一部に、「通常の凌駕」という判断を表す特殊な例が存在していることを指摘した。「否定的判断」とは「話し手が、ある事柄の存在を受理しない」判断であると定義づけられるのであるが、「通常の凌駕」という判断には、「無意識的、ルーティン的には、話し手が事柄の存在を受理していない」という性格が認められ、その性格によって、「否定的判断」と連絡されていることを論じた。
     このように、明治時代の女性語「わ」は、「否定的判断」を中核にしつつ、一部に「通常の凌駕」という判断を表すのであるが、これは、現代語のテハ条件文においても同様である。さらに、「通常の凌駕」を表す例からは「対比」性を見出すことができ、その「対比」性によって、明治時代の女性語「わ」及びテハ条件文は、係助詞「は」の「対比」用法と通じていくと考えられる。
    Reference: 参考文献

     有田 節子(1999)「テハ構文の二つの解釈について」『国語学』199
     塹江 美沙子(2013)「二葉亭四迷『浮雲』『平凡』辿る女性語の変遷 ――<「てよ・だわ」言葉>の受容とその社会的・歴史的要因――」『ことば』34
     川端 善明(1958)「接続と修飾―『連用』についての序説―」『国語国文』27- 5
     塩入 すみ(1993)「「テハ」条件文の制約について」『大阪日本語研究』5
     中村 桃子(2007)『「女ことば」はつくられる』ひつじ書房
     蓮沼 昭子(1987)「条件文における日常的推論―「テハ」と「バ」の選択要因を巡って―」『国語学』150
     松崎 彩子(2017)「終助詞「わ」の歴史的変遷について:後期江戸語から明治大正期を中心に」『言語の研究』3号 首都大学東京言語研究会
     松下 大三郎(1930)『標準語日本口語法』中文館書店
     三尾 砂(1942)『語言葉の文法(言葉遣篇)』帝国教育出版部
        (『話言葉の文法. 言葉遣篇』くろしお出版、 1995年 再録)
     山口 明穂(2001)ほか『日本語文法大辞典』明治書院
     山田 孝雄(1922)『日本口語法講義』東京寳文館
     鷲 留美(1996)「現代日本語の性差についての―考察―女ことばとしての終助詞「わ」を巡って」『日本語・日本文化研究』6号 大阪外国語大学日本語講座

    引用した例文の出典

    [明治期]

     内田 魯庵「破垣」『明治文學全集24 内田魯庵集』筑摩書房
     尾崎 紅葉「金色夜叉」『明治文學全集18 尾崎紅葉集』筑摩書房
     菊池 幽芳「乳姉妹」『明治文學全集93 明治家庭小説集』筑摩書房
     夏目 漱石「野分」『日本文學全集9 夏目漱石(一)』新潮社
     廣津 柳浪「殘菊」『明治文學全集19 廣津柳浪集』筑摩書房
     廣津 柳浪「河内屋」『明治文學全集19 廣津柳浪集』筑摩書房
     二葉亭 四迷「浮雲」『日本文學全集1 二葉亭四迷集』新潮社
     二葉亭 四迷「平凡」『日本文學全集1 二葉亭四迷集』新潮社
     徳冨 蘆花「不如帰」青空文庫   
    https://www.aozora.gr.jp/cards/000280/files/1706_44742.html
     三宅 花圃「藪の鶯」青空文庫
    https://www.aozora.gr.jp/cards/000802/files/46650_26535.html
     森 鴎外「不思議な鏡」『明治文學全集27 森鷗外集』筑摩書房
     柳川 春葉「秋袷」『明治文學全集22 硯友社文學集』筑摩書房
     若松 賤子「小公子」『明治文學全集32 女學雑誌・文學界集』筑摩書房

    [現代 (昭和から平成にかけて)]

     松田 昭三「人魚がくれたさくら貝」 シナリオ(映画)
     小松 江里子「オンナって不思議」 シナリオ(テレビドラマ)
     江連 卓「凄絶!嫁姑戦争 羅刹の家」 シナリオ(テレビドラマ)
    Description: 碩士
    國立政治大學
    日本語文學系
    105556010
    Source URI: http://thesis.lib.nccu.edu.tw/record/#G0105556010
    Data Type: thesis
    DOI: 10.6814/NCCU202000284
    Appears in Collections:[日本語文學系] 學位論文

    Files in This Item:

    File SizeFormat
    601001.pdf1692KbAdobe PDF68View/Open


    All items in 政大典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - Feedback