English  |  正體中文  |  简体中文  |  Post-Print筆數 : 27 |  Items with full text/Total items : 94586/125118 (76%)
Visitors : 30509309      Online Users : 413
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/131433


    Title: ゆるキャラ論
    Authors: 陳佳筠
    Chen, Chia-Yun
    Contributors: 楊素霞
    Yang,Su-Hsia
    陳佳筠
    Chen,Chia-Yun
    Keywords: ゆるキャラ
    吉祥物
    角色
    日本文化
    地方創生
    ゆるキャラ
    キャラクター
    日本文化
    地域振興
    Date: 2020
    Issue Date: 2020-09-02 11:32:49 (UTC+8)
    Abstract: 日本以「角色大國」聞名全世界,在日常生活中到處都充滿了各式各樣的角色。這裡的角色是指在動畫、漫畫、遊戲等等中所出現的虛構或者變形的人物或是動物。這樣的角色們從以前開始就一直存在著,但進入2010年後,有種名為「ゆるキャラ」的角色開始受到高度的注目與歡迎,形成了「ゆるキャラ旋風」。在「ゆるキャラ」中,以代表性的「彥根喵」為首,「船梨精」、「熊本熊」等「ゆるキャラ」開始一個一個在日本國內收穫了爆發性的高人氣,而且這股旋風還吹到海外其他國家。
      本論文首先聚焦在「ゆるキャラ」是什麼,並試著描述其歷史與發展。再詳細探究「ゆるキャラ」受到眾人歡迎之背後原因與其所具備提供的功能。之後,再以代表性的角色「熊本熊」為例,探討「ゆるキャラ」是以什麼樣的樣貌出現在眾人眼中,為其所屬之地方進行城市宣傳與地方創生。再進一步試著論述「ゆるキャラ」在海外的發展與對海外的影響。最終目的在於對日本獲得大成功的「ゆるキャラ」進行分析及再定義的同時,回頭反思台灣目前既有的「ゆるキャラ」能夠怎麼樣被使用及如何將缺點改善,讓台灣的「ゆるキャラ」也能發揮它的效益,像日本一樣成功地讓地方新生並帶來龐大的經濟效益。

    關鍵字:ゆるキャラ、吉祥物、角色、日本文化、地方創生
    日本は、「キャラクター大国」として世界中に知られており、日常生活の様々の場面で多様なキャラクターが満ちあふれている。このキャラクターとはアニメ、マンガ、ゲームなどに登場してきたフィクションの、デフォルメされた人物や動物のことである。 このようなキャラクターは以前から存在しているが、2010年に入ると、「ゆるキャラ」というキャラクターの流行が高まりを見せる。それは「ゆるキャラブーム」といわれる。ゆるキャラの代表的なものとしては、「ひこにゃん」をはじめ、「ふなっしー」、「くまモン」などがある。これらゆるキャラは次々に全国で爆発な人気を集め、それは海外にも波及した。 本研究では、まず「ゆるキャラ」は何かと判明して、「ゆるキャラ」の歴史や発展を述べる。また、「ゆるキャラ」はなぜ人が惹かれる原因、持つ機能を検討する。そして、「くまモン」を例として、「ゆるキャラ」はどのようにしてみんなの目の前にあらわし、所属する地方をPRする。それに、海外に波及した状況や受容を論述してみる。日本の「ゆるキャラ」を分析して再定義を図っている同時、台湾に既に存在している「ゆるキャラ」を検討して、どのように利用できるか、あるいはどのように改善できるのかを深く考えてみる。
    Reference: 著書
    1. 相原博之(2007)『キャラ化するニッポン』、講談社
    2. 青木貞茂(2014)『キャラクター・パワー-ゆるキャラから国家ブランディングまで-』、NHK 出版
    3. 蒲島郁夫着、蘇暐庭、江裕真訳(2014)『我是熊本熊的上司』(『私がくまモンの上司です』、祥伝社、2014)
    4. 草間文彦(2015)『ライセンスビジネスの戦略と実務 キャラクター&ブランド活用マネジメント』、白桃書房
    5. くま熊本県庁チームくまモン(2013)『くまモンの秘密-地方公務員集団が起こしたサプライズ-』、幻冬舎
    6. クリスティーン・ヤノ著・久美薫訳(2017)『なぜ世界中が、ハローキティを愛するのか?――“カワイイ”を世界共通語にしたキャラクター』、作品社
    7. 古賀玲子(2009)『「かわいい」帝国 モードとメディアと女の子たち』、青土社
    8. 斎藤環(2011)『キャラクター精神分析』、筑摩書房
    9. ポーポー・ポロダクション(2009)『デザインを科学する 人はなぜその色や形に惹かれるのか?』、SBクリエイティブ
    10. みうらじゅん(2004)『ゆるキャラ大図鑑』、扶桑社
    11. 四方田犬彦(2006)『「かわいい」論』、千倉書店

    論文 
    [日本語]
    1. 秋月高太郎(2010)「ゆるキャラ論序説」、『尚絅学院大学紀要』第60号、尚絅学院大学
    2. 辻幸恵(2014)「ゆるキャラに対する好悪実態調査」、『繊維製品消費科学』第55巻12号、日本繊維製品消費科学会
    3. 部矢祥子(2018)「調査・研究対象としてのゆるキャラ・ご当地キャラクター」、『国文学論叢』第63輯、龍谷大学国文学会

    [中国語]
    4. 徐槐憶(2014)「以語意分析法探討台灣消費者對日本地方行銷吉祥物之意象」台湾南臺科技大學數位內容與應用設計碩士班修士論文
    5. 趙允瑜(2018)「觀光吉祥物的行銷效益探討」台湾南臺科技大學行銷與流通管理系修士論文
    6. 楊雅筑(2016)「日本地區吉祥物之魅力因子」台湾國立臺灣科技大學工商業設計系修士論文


    雑誌記事
    1. みうらじゅん(2009)「みうらじゅんインタビュー ゆるキャラで地方が活性化しているのなら、俺も嬉しいんだけれど……」『月間ビジネスアスキー』12月号、アスキー・メディアワークス

    ウェブサイト
    1. ゆるキャラグランプリ http://www.yurugp.jp/ 
    2. NRCリサーチセンター http://www.nrc.co.jp/report/index.html(2018年6月16日閲覧)
    3. みうらじゅん、"ゆるキャラ"命名に込めた思い語る - 最近の注目は"ゆる人"(2015.02.08) https://news.mynavi.jp/article/20150208-a049/(2020年5月26日閲覧)
    4. みうらじゅん氏 2006年の「ひこにゃんビフォーアフター」指摘(2013.09.22)https://www.news-postseven.com/archives/20130922_212941.html
    5. 「奈良遷都祭」キャラに賛否両論 ミクシィでも大論争
    https://news.livedoor.com/article/detail/3536521/
    6. アマゾン、「みうらじゅん PRESENTS ゆるキャラ日本一決定戦! [DVD]」商品ページ
    https://www.amazon.co.jp/%E3%81%BF%E3%81%86%E3%82%89%E3%81%98%E3%82%85%E3%82%93-PRESENTS-%E3%82%86%E3%82%8B%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%B8%80%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E6%88%A6-DVD/dp/B002HQOGXW
    7. テレビ東京 「ゆるキャラ日本一決定戦」
    https://www.tv-tokyo.co.jp/tvchamp1/060420/under.htm#4
    8. 2チャネル「TVチャンピョン☆ゆるキャラ日本一決定戦」記録スレッド
    https://ex11.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1145528747/
    9. 日本リサーチセンター
    https://www.nrc.co.jp/index.html
    10. ゆるキャラ日本一決定戦 動画
    https://www.youtube.com/watch?v=IPN614bIR6Y
    11. くまモン個人ページやブログ
    https://kumamon-official.jp/default.html
    12. くまモンツイッター
    https://twitter.com/55_kumamon
    13. 台灣喔熊
    https://ohbear.taiwan.net.tw/zh
    14. 熊讚BRAVO
    https://bravo.travel.taipei/
    15. PENSOO個人ページ
    https://home.ebs.co.kr/giantpeng/main
    Description: 碩士
    國立政治大學
    日本語文學系
    105556004
    Source URI: http://thesis.lib.nccu.edu.tw/record/#G0105556004
    Data Type: thesis
    DOI: 10.6814/NCCU202001616
    Appears in Collections:[日本語文學系] 學位論文

    Files in This Item:

    File Description SizeFormat
    600401.pdf4033KbAdobe PDF0View/Open


    All items in 政大典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - Feedback