English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文筆數/總筆數 : 75046/106105 (71%)
造訪人次 : 19441363      線上人數 : 321
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
搜尋範圍 查詢小技巧:
  • 您可在西文檢索詞彙前後加上"雙引號",以獲取較精準的檢索結果
  • 若欲以作者姓名搜尋,建議至進階搜尋限定作者欄位,可獲得較完整資料
  • 進階搜尋
    請使用永久網址來引用或連結此文件: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/33312


    題名: KO/SO/A的意思擴張―從指示詞到指示機能曖昧的KO/SO/A―
    The semantic of KO/SO/A―from demonstratives KO/SO/A to those with vague indicative function―
    作者: 陳嬿如
    貢獻者: 吉田妙子
    陳嬿如
    關鍵詞: 指示詞
    日期: 2007
    上傳時間: 2009-09-17 16:12:03 (UTC+8)
    摘要: 本論旨在研究日語中有指示機能的KO/SO/A到指示機能曖昧不明的KO/SO/A之間的擴張關係。以是否有指示機能,將KO/SO/A分為「有指示機能」「指示機能曖昧」兩種類論述其間的連續關係,並依認知語言學觀點分析構文裡包含KO/SO/A的接續詞以及感嘆詞之機能與其分類。
     本文共分六章。第一章為序論。第二章考察指示詞的先行研究,並提出尚待解決的問題。第三章以從空間到時間的抽象化概念分析KO/SO/A的基本義。第四章以漂白化的觀點分析指示機能到接續機能的變化歷程。第五章以抽出化概念來看包含KO/SO/A的感嘆詞與指示詞的連續關係與其機能。第六章為結論。
     過去被稱做指示詞的KO/SO/A研究中,多將焦點擺在現場指示與文脈指示的使用方式與意思上的連貫性,也就是「地盤理論」與「共有知識假說」的義同上。本論以空間與時間的擴張關係說明有指示機能的KO/SO/A當中,不僅現場指示與文脈指示連同觀念指示皆有一貫性。此外,包含KO/SO/A的接續詞以漂白化關係,感嘆詞以抽出空間與時間的方式擴張,在機能上分別與指示詞連接。
    The purpose of this thesis is to investigate the semantic extension from Ko, So, and A, traditionally called demonstratives, to vague Ko, So, and A in terms of their demonstrative functions, as well as the continuity of the expansion. In this paper, according to whether they can function as demonstratives, Ko, So, and A are categorized into 2 types: Ko, So, and A with demonstrative functions, Ko, So, and A with vague demonstrative functions. The differences among various types of semantic extension of demonstratives are clarified by analyzing the functions of conjunctions with Ko, So, and A and interjections with Ko, So, and A from the perspective of cognitive linguistics.
    This paper consists of 6 chapters. The first chapter is Introduction, In Chapter 2, ‘Preceding literature---concerning the Ko, So, and A with demonstrative functions’, I review the conventional researches on demonstratives and present the remaining problems. In Chapter 3, ‘The basic meaning of Ko, So, and A,’ based on the conclusion of Chapter 2, I discuss the basic meaning and expanding meaning of ‘the Ko, So, and A with demonstrative functions’ from the perspective of metaphor from space to time. In Chapter 4, ‘Semantic Extension from Demonstratives to Conjunctions’, .I analyze the change from demonstrative function to conjunctive function from the viewpoint of grammaticalization resulting from bleaching. In Chapter 5, ‘Semantic Extension from Demonstratives to Interjections’, I explain the function and semantic extension of interjections with Ko, So, and A from the viewpoint of grammaticalizaiton resulting from abstraction. And, finally, Chapter 6 is the conclusion of this paper.
    Traditional researches on the so-called Ko, So, and A are focused on a unified (or general) explanation of the differences between their deictic and anaphoric usages. This paper, however, considers that the coherence reaches not only those Ko, So, and A which function as demonstratives, but even those Ko, So, and A which do not have this function. For instance, conjunctions with Ko, So, and A stem from the bleaching of Ko, So, and A’s demonstrative functions, and interjections with Ko, So, and A are the results of abstraction from Ko, So, and A’s demonstrative functions. Even though each type differs from the others in terms of their semantic extension, it is clear that semantic extension is connected with those Ko, So, and A which can act as demonstratives.
    參考文獻: 秋元実治(2004)「文法化」『コーパスに基づく言語研究―文法化を中心に』ひつじ書房
    天野みどり (1993)「文脈照応「その」の名詞句解釈に果たす役割.」『小松英雄博士退官記念 日本語学論集』三省堂(764-753)
    庵功雄(1994a)「結束性の観点からみた文脈指示:文脈指示に対するひとつの接近法」『日本学報』13大阪大学文学部日本学研究室(31-42)
    ―――(1994b)「定性に関する一考察:定情報という概念について」『現代日本語研究』1大阪大学文学部日本学科現代日本語講座(40-56)
    ―――(1995a)「コノとソノ-文脈指示の二用法」『日本語類義表現の文法』くろしお(619-631)
    ―――(1995b)「語彙的意味に基づく結束性について:名詞の項構造との関連から」『現代日本語研究2』(85-102)
    ―――(1996a)「指示と代用:文脈指示における指示表現の機能の違い」『現代日本語研究3』(73-91)
    ―――(1996b)「「それが」とテキストの構造―接続詞と指示詞の関係に関する一考察―」『阪大日本語研究8』(29-44)
    ―――(1997)『日本語のテキストの結束性の研究―指示表現と名詞の機能を中心に―』大阪大学博士論文
    ―――(2007)『日本語におけるテキストの結束性の研究』くろしお
    庵功雄・高梨信乃・中西久実子(2001)『中上級を教える人のための日本語文法ハンドブック』スリーエー・ネットワーク
    伊藤晃(2001)「接続表現としての「それも」―情報付加のあり方と文法化の可能性―」『立命館文学』568 立命館大学(307-333)
    大堀寿夫(2004)「文法化の広がりと問題点」『言語』33-4
    柏崎雅世 (1995) 「「そう」で導かれモダリティーを伴った応答文について」『日本語の研究と教育』(窪田富男教授退官記念論文集)専門教育出版(225-248)
    加藤重弘(2004)『シリーズ・日本語のしくみを探る 日本語語用論のしくみ』研究社
    神尾昭雄(1990)『情報の縄張り理論―言語の機能的分析』大修館書店
    河上誓作(1996)『認知言語学の基礎』研究社
    金水敏・田窪行則(1990)「談話管理からみた日本語の指示詞」『日本語研究資料集【第一期第七巻】指示詞』ひつじ書房
    ――――――――(1992)「日本語指示詞研究史から/へ」『日本語研究資料集【第一期第七巻】指示詞』ひつじ書房
    久野暲(1973a)『日本文法研究』大修館書房(185-190)
    ―――(1973b)「コ・ソ・ア-『日本文法研究』より」『日本語研究資料集【第一期第七巻】指示詞』ひつじ書房
    黒田成幸(1979)「(コ)・ソ・アについて」『日本語研究資料集【第一期第七巻】指示詞』ひつじ書房
    建石始(2005)「談話的機能の観点から見た後方照応」『日本語教育124』
    阪田雪子(1971)「指示語『コ・ソ・ア』の機能について」『日本語研究資料集【第一期第七巻】指示詞』ひつじ書房
    佐久間鼎(1951a)『現代日本語の表現と語法』(くろしお出版より復刊=1983復刊第一刷)くろしお(2-43)
    ――――(1951b)「指示の場と指す語―『人称代名詞』と『コソアド』」『日本語研究資料集【第一期第七巻】指示詞』ひつじ書房(32-34)
    佐久間まゆみ(2002)「接続詞・指示詞と文連鎖」野田尚史編『複文と談話』岩波書店
    定延利之(2002)「「うん」と「そう」に意味はあるか」定延利之編『「うん」と「そう」の言語学』ひつじ書房(75-112)
    定延利之・田窪則行(1995)「談話における心的操作のモニター機構―心的操作標識「ええと」「あの(-)」」『言語研究108』(74-92)
    鈴木一彦(1973)「感動詞とは何か」鈴木一彦・林巨樹編『品詞別日本語文法講座6接続詞・感動詞』明治書院(137-175)
    正保勇(1981)「「コソア」の体」『日本語教育指導参考書8日本語の指示詞』国立国語研究所
    田窪則行・金水敏(1997)「応答詞・感動詞の談話機能」『文法と音声』くろしお(257-279)
    ――――――――(2000)「複数の心的領域による談話管理」坂原茂(編)『認知言語学の発展』ひつじ書房(251-280)
    寺津典子(1983)「言語理論と認知科学」『認知科学への招待』研究社
    辻幸夫(2002)『認知言語学キーワード事典』研究社
    堤良一(1998)「文脈指示における「その/この」の言い換えについて―名詞の導入する変項に注目した一分析」『日本語・日本文化研究』8(43-56)大阪外国語大学日本語講座
    ―――(2002a)「文脈指示における指示詞の使い分けについて」『言語研究』122(45-78)
    ――― (2002b) 「指定モデルから見たア系列指示詞」『岡山大学文学部紀要』38(岡山大学文学部)(127-138)
    ―――(2002c)「指定指示と代行指示」『応用日本語研究』創刊号(応用日本語研究会)(44-61)
    時枝誠記(1950)『日本文法 口語篇』岩波書店
    服部四郎(1968)「コレ・ソレ・アレとthis,that」―『英語基礎語彙研究』より」『日本語研究資料集【第一期第七巻】指示詞』ひつじ書房
    浜田麻里(1993)「ソレガについて」『日本語国際センター紀要』3(57-69)
    ――――(1995a)「いわゆる添加の接続語について」仁田義雄(編)『複文の研究(下)』くろしお(439-461)
    ――――(1995b)「ソシテとソレデとソレカラ―添加の接続詞―」『日本語類義表現の文法(下)』くろしお出版(575-582)
    春木仁孝(1991)「指示対象の性格からみた日本語の指示詞―アノを中心にー」『言語文化研究17』大阪大学
    馬場俊臣(1992)「指示語の文脈展開機能」『日本語学』11-4(33-40)
    ――――(2006)『日本語の文連接表現―指示、接続、反復』おうふう
    ひけひろし(1985)「そして」と「それから」『教育国語83』(44-53)
    ―――――(1986)「接続詞「そこで」「それで」」『教育国語86』(46-59)
    ―――――(1987)「「それで」「だから」「したがって」」『教育国語88』
    比毛博(1989)「接続詞の記述的な研究」『ことばの科学2』むぎ書房(49-107)
    日野資成(2001)『形成語の研究:文法化の理論―文法化の理論と応用』九州大学出版会
    日野資成訳、P.J.ホッパ-, E.C.トラウゴット著(2003)『文法化』 九州大学出版会(Hopper,paul,and Elizabeth Closs Tragott(1993) Grammaticalization . Cambrige Unibersity Press)
    堀口和吉(1978)「指示語の表現性」『日本語・日本文化』8(大阪外国語大学23-44)
    ――――(1990)「指示詞コ・ソ・アの表現」日本語Vol・9
    松本曜ら編(2003)『シリーズ認知言語学入門<第三巻>認知意味論』大修館
    三上章(1955)「現代語法新説」刀江書局(くろしろより復刊1972)(170-189)
    ―――(1970)「コソアド抄―『文法小論集』より一部」『日本語研究資料集【第一期第七巻】指示詞』ひつじ書房(35-37)
    メイナード・K・泉子(1987)「日米会話におけるあいづち表現」『言語』Vol.16、No1(88-92)
    籾山洋介・深田智(2003)「意味の拡張」松本曜編『シリーズ認知言語学入門第三巻 認知意味論』大修館書店
    森田良行(1973)「感動詞の変遷」鈴木一彦・林巨樹編『品詞別日本語文法講座6接続詞・感動詞』明治書院(177-208)
    森山卓郎(1996)「情動的感動詞考」『語文』65大阪大学国語国文学会(51-62)
    ――――(2006)「「添加」「累加」の接続詞の機能―「そして」「それから」などをめぐって」益岡隆志・野田尚史・森山卓郎編『日本語文法の新地平(3)複文・談話編』くろしお(187-207)
    森山卓郎・張敬茹(2002)「動作発動の感動詞「さあ」「それ」をめぐって―日中対照的観点も含めて―」『日本語文法2巻2号』(128-143)
    八木真生(2006)「「それは」/「これは」を伴う決まり文句の意味機能―「φご苦労さま」と「それは/これはご苦労さま」を比較して」『日本語教育130号』(130-139)
    山口尭二(1984)「感動詞・間投詞・応答詞」『研究資料日本文法 第四巻』明治書院(126-157)
    山梨正明(1992)『推論と照応』くろしお
    ――――(1993)「格の複合スキーマモデル―格解釈のゆらぎと認知のメガニズム」『日本語の格をめぐって』くろしお
    ――――(1995)『認知文法論』ひつじ
    山根智恵(2002)『日本語の談話におけるフィラー』くろしお
    吉田妙子(2004)「指示詞コソアの振舞いの一貫性―縄張り理論の再検討―」『台湾日本語教育論文集』8(31-62)
    ――――(2005)「対定型句におけるコソアドの振舞いと左右行列」『政大日本研究第2号』(45-67)
    吉本啓(1992)「日本語の指示詞コソアの体系」『日本語研究資料集【第一期第七巻】指示詞』ひつじ書房(105-122)
    吉村公宏(2004)『はじめての認知言語学』研究社
    盧濤(2004)「指示詞の複合とその周辺」影山太郎・岸本秀樹編『日本語の分析と言語類型 柴谷方良教授還暦記念論文集』くろしお(93-108)
    デイヴィッド・リー著 宮浦国江訳(2006)『実例で学ぶ認知言語学』大修館
    George Lakoff (1987)Women,Fire,and Dangerous things:What categories Reveal about the Mind: The Unibersity of Chicago Press. (池上嘉彦・河上誓作 他訳/(1993)『認知意味論』紀伊国屋)
    Heine Bernd Urike Claudi and Friederike Hunemeyer(1991)Grammaticalization:A conceptual framework.Chicago:The Unibersity of Chicago Press.
    Langacker Ronald W.(1990)Concept,image, and symbol:The cognitive basis of grammar. Berlin/New York:Mouton de Gruyter
    Traugott Elizabeth Closs(1989)On the rise of epistemic meaning in English:An example of subjectification in semantic change. In Language65.31-55
    Hopper Paul and Elizabeth Closs Tragott(1993) Grammaticalization . Cambrige Unibersity Press
    辞書
    広辞苑(第五版)岩波書店
    大辞泉(増補・新装版 デジタル大辞泉)小学館
    描述: 碩士
    國立政治大學
    日本語文學系碩士班
    94556002
    96
    資料來源: http://thesis.lib.nccu.edu.tw/record/#G0094556002
    資料類型: thesis
    顯示於類別:[日本語文學系] 學位論文

    文件中的檔案:

    檔案 描述 大小格式瀏覽次數
    600201.pdf191KbAdobe PDF1511檢視/開啟
    600202.pdf165KbAdobe PDF1874檢視/開啟
    600203.pdf168KbAdobe PDF2071檢視/開啟
    600204.pdf212KbAdobe PDF2676檢視/開啟
    600205.pdf329KbAdobe PDF3731檢視/開啟
    600206.pdf255KbAdobe PDF2243檢視/開啟
    600207.pdf346KbAdobe PDF3253檢視/開啟
    600208.pdf351KbAdobe PDF3332檢視/開啟
    600209.pdf194KbAdobe PDF2407檢視/開啟
    600210.pdf207KbAdobe PDF3754檢視/開啟
    600211.pdf123KbAdobe PDF1641檢視/開啟


    在政大典藏中所有的資料項目都受到原著作權保護.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - 回饋