English  |  正體中文  |  简体中文  |  Post-Print筆數 : 27 |  Items with full text/Total items : 94586/125118 (76%)
Visitors : 30508352      Online Users : 257
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/49879


    Title: 形式名詞「mono」與「koto」 ―以包含「mono」「koto」的述語句為中心―
    “mono” and “koto” -focusing on predicate phrase include “mono” or “koto”-
    Authors: 范佩佩
    Contributors: 吉田妙子
    范佩佩
    Keywords: koto
    mono
    形式名詞
    語氣
    感嘆
    應當
    Date: 2009
    Issue Date: 2010-12-09 12:00:52 (UTC+8)
    Abstract: 本論旨在透過包含「mono」「koto」的述語句之分析整理,究明形式名詞「mono」「koto」的性質。
    首先自青空文庫、每日新聞、新潮文庫等三項語料庫收集「mono」「koto」的例句,從中整理出以下五組「mono」「koto」的類義句型。
    經驗:「-rukoto ga atta」「-tamonoda」
    思慮:「koto to omou」「mono to omou」
    感嘆:「koto」「-(ta)monoda」
    應當:「kotoda」「monoda」
    期望:「dekirukotonara」「dekirumononara」
    本論假設以上五組類義句型,其意義之所以存在相異之處,乃出自於「mono」「koto」之影響,將五組句型分為五個章節加以論述。
    分析的結果簡述如下:
     表經驗的句型中,「-rukoto ga atta」表示的為偶發經驗,「-tamonoda」則是重複頻率更高的習慣性經驗。
     表思慮的句型中,「koto to omou」表推測,多帶有體諒的語氣。其原因在分析後得知來自於「koto」的移動性。「mono to omou」的語意在「堅信」與「推理的結論」間游移。其原因在於是否將結論的證據放置在前後文中。
     表感嘆的句型中,「koto」表即時性的感嘆,少用於主題句中。而「-(ta)monoda」表示回顧式的感嘆,主題句中亦可使用。
    表應當的句型中,「kotoda」是針對特定的事項表示應當的語意。「monoda」方面,否定形式的「monodehanai」依動詞的種類,在「否定的性質」與「非應當」兩種語意間形成相輔分布。而「~naimonoda」則不論動詞種類為何,皆傾向於「否定的性質」的表示。
    表期望的句型中,「dekirumononara」是表示該願望實現可能性極低的文法句型,而「dekirukotonara」則是具有實際意義的名詞「koto」加上修飾詞語的子句。
    最後,在總節各章節的分析之後,可得到以下的結論:「koto」具有動態性質,時間內含其中。而「mono」則具有靜態性質,乃是將時間加以捨象的存在。
    Reference: (1) Hopper and Traugott(1993) 日野資成訳『文法化(Grammaticlization)』九州大学出版会
    (2) 安達太郎(1998)「認識的意味とコト・モノの介在」『世界の日本語教育 8』国際交流基金
    (3) 揚妻祐樹(1990)「形式的用法の「もの」の構文と意味--<解説>の「ものだ」の場合」『国語学研究』30 p82-94
    (4) 秋元実冶(2002)『文法化とイディオム化』ひつじ書房
    (5) 青柳宏(2006)『日本語の助詞と機能範疇』ひつじ書房
    (6) 井手至(1967)「形式名詞とは何か」『講座日本語の文法. 第3』松村明等編 明治書院
    (7) 大堀寿夫(2005)「日本語の文法化研究にあたって―概観と理論的課題―」『日本語の研究』第1巻第3号 日本語学会
    (8) 北原保雄等(1988)『日本文法事典』有精堂
    (9) 木村敏(1992)『時間と自己』中公新書
    (10) 北村雅則(2004)「モノダで終わる文 : 解釈決定に関わる諸要因の分析」『国語国文学』95 p103-116 名古屋大学
    (11) 澤田美恵子(2007)『現代日本語における「とりたて助詞」の研究』くろしお出版
    (12) 高橋太郎(2005)『日本語の文法』ひつじ書房
    (13) 高橋雄一(2008)「内容節の構造を持つ「モノダ」文について」『東海大学紀要 留学生センター』28 p17-35
    (14) 坪根由香里(1997)「「ものだ」「ことだ」「のだ」の理解難易度調査」『第二言語としての日本語の習得研究』p137-155
    (15) 坪本篤朗(1999)「モノとコトから見た文法--主要部内在型関係節と卜書き連鎖」『日本語学』18 p26-40
    (16) 坪本篤朗(2001)『モノとコトから見た文法一文法と意味の接点一』(論文出版)
    (17) 寺村秀夫(1984)『日本語のシンタクスと意味 第II巻』くろしお出版
    (18) ――――(1991)『日本語のシンタクスと意味 第III巻』くろしお出版
    (19) ――――(1992)「「こと」と「もの」」『寺村秀夫論文集』くろしお出版
    (20) 東辻保和(1997)『もの語彙こと語彙の国語史的研究』汲古書院
    (21) 名嶋義直(2007)『ノダの意味・機能―関連性理論の観点から―』くろしお出版
    (22) 仁田義雄(1991)『日本語のモダリティと人称』ひつじ書房
    (23) ――――(1997)『日本語文法研究序説―日本語の記述文法を目指して―』くろしお出版
    (24) 日本語記述文法研究会(2003)『現代日本語文法4 第8部モダリティ』くろしお出版
    (25) ――――――――――(2007)『現代日本語文法3 』くろしお出版
    (26) ――――――――――(2008)『現代日本語文法6 』くろしお出版
    (27) 沼田善子(1995)『「も」の言語学』筑波大学
    (28) 沼田善子・徐建敏(1995)「とりたて詞「モ」のフォーカスとスコープ」『日本語の主題と取り立て』くろしお出版
    (29) 沼田善子(2000)『時・否定と取り立て』岩波書店
    (30) 沼田善子(2003)『日本語のとりたて―現代語と歴史的変化・地理的変異』
    (31) 沼田善子(2009)『現代日本語とりたて詞の研究』ひつじ書房
    (32) 野田春美(1995)「モノダとコトだとノダ―名詞性の助動詞の当為的な用法―」宮島・仁田(編)『日本語類義表現の文法(上)』くろしお出版
    (33) ――――(1999)『「の(だ)」の機能」』くろしお出版
    (34) 日野資成(2001)『形式語の研究―文法化の理論と応用―』九州大学出版会
    (35) 半藤英明(2006)『日本語助詞の文法』新典社
    (36) 姫野昌子(1999)「形式名詞「こと」の複合辞的用法―助詞的用法と助動詞的用法をめぐって―」『東京外国語大学 留学生日本語教育センター論集』26 p17-31
    (37) 藤森弘子(1999)「談話における「コトガアル」の意味と用法」『東京外国語大学 留学生日本語教育センター論集』26 p33-47
    (38) 深尾まどか(2008)「終助詞「もの」について」『台大日本語文研究』13 p3-23
    (39) 北条淳子「」
    (40) 益岡隆志(1991)『モダリティの文法』くろしお出版
    (41) ――――(2000)『日本語文法の諸相』くろしお出版
    (42) ――――(2000)『新日本語文法選書2 複文』くろしお出版
    (43) 籾山洋介(1992)「文末の「モノダ」の多義構造」『言語文化論集』14 p19-31
    (44) 吉川武時(2003)『形式名詞がこれでわかる』ひつじ書房
    (45) 吉田妙子(2004)「習慣行為を表すスルとシテイル―性質叙述性と外部視点性―」『台湾日本語文学法』19 p365-389
    (46) 劉懿禛(2007)『現代日本語形容詞の下位分類―分類基準と機能』東呉大学日本語文学系博士論文
    (47) 渡邊ゆかり(2008)「文補語標識「こと」「の」の意味的相違に関する研究」渓水社
    【辞典】
    『日本語文型辞典』くろしお出版
    『大辞林』第三版 三省堂
    Description: 碩士
    國立政治大學
    日本語文學系碩士班
    96556002
    98
    Source URI: http://thesis.lib.nccu.edu.tw/record/#G0096556002
    Data Type: thesis
    Appears in Collections:[日本語文學系] 學位論文

    Files in This Item:

    File Description SizeFormat
    600201.pdf111KbAdobe PDF853View/Open
    600202.pdf120KbAdobe PDF1129View/Open
    600203.pdf840KbAdobe PDF1797View/Open


    All items in 政大典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - Feedback