English  |  正體中文  |  简体中文  |  Post-Print筆數 : 27 |  Items with full text/Total items : 94586/125118 (76%)
Visitors : 30563302      Online Users : 149
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/61189


    Title: 「(Y wo Z) tosuru」 句法結構之研究
    A study of Japanese grammar「(Y wo Z) tosuru」
    Authors: 李郁玲
    Contributors: 蘇文郎
    李郁玲
    Keywords: スル
    トスル
    YヲZトスル
    機能動詞
    多義性
    文法化
    suru
    tosuru
    Y wo Z tosuru
    Date: 2012
    Issue Date: 2013-10-01 13:33:26 (UTC+8)
    Abstract: 本論文主要探討下列四點:「(Y wo Z)tosuru」句法結構中「tosuru」的用法、「Y」和「Z」之間的相互關係、「tosuru」所表達的多種意思以及變成「tosite」之文法化的過程。
    「(Y wo Z)tosuru」的句法結構中又可分為他動詞型態「Y wo Z tosuru」以及自動詞型態「~tosuru」兩種用法。本論文亦以這兩種類型分開探討。
    本論文共分五章。序章和第一章是本論文研究動機以及相關文獻探討。第二章以「Y wo Z tosuru」句法結構為主,探討其「tosuru」在表達「變化」和「認定」之間意思上的連續性、「to」所表達的意思和用法、以及「Z」所出現的名詞限制。第三章則是以「~tosuru」句法結構為主,藉由與「toiu」、「tokanngaeru」、「tosyutyousuru」、「toomou」等動詞的互換情形,以及在「tosareru」、「tosareteiru」表現的用法來探討其多義性。第四章則以機能動詞「tosuru」為主,記述其變為「tosite」之文法化的過程。第五章為結論。
    本論文發現,雖然同為「Y wo Z tosuru」句法結構,但因「suru」所表達的意思不同,則「to」所表達的意思和用法、其前接名詞「Y」和「Z」的關係以及「Z」中所出現的名詞也有所不同。並且藉由與其他動詞的互換情形,區分出「(Y wo Z)tosuru」句法結構中各種意思之間不同用法的限制,及其所表達意思分布。
    Reference: 岩淵 匡(2001)『日本語文法』白帝社
    内田 浩(2008)「論理的文章の中の『と思う』類と『と考える』類」『日本語・日本文化研究』京都外国語大学
    奥津敬一郎(2007)「変化動詞文」『連体即連用』ひつじ書房
    大塚望(2007)「『する』文の多機能性-文法的機能-」日本語日本文学 創価大学
    金子比呂子(1990)「「して」からみた「N1をN2にして」の位置付け方」『日本語学校論集17』東京外国語大学外国語学部附属日本語学校
    金子比呂子(1994)「『~としている』の機能について」『留学生日本語教育センター論集』20 p.p29-41 東京外国語大学
    菊池律之(1998)「変化の結果を表すニ・トについて」『筑波応用言語学研究』5 筑波大学人文・社会学研究科応用言語学コース
    菊池律之(2008)「変化動詞文と共起する結果表現に関する一整理」『日本学と台湾学』7、pp.1-17 静宜大学日本語文学系
    菊池律之(2009)「『とする』の諸相―「変化の結果」以外の用法を中心―」『日本学と台湾学』8、pp.24-34 静宜大学日本語文学系
    金 賢娥(2011)「『AヲBトV』構文に関する一考察」『筑波応用言語学研究』18号 筑波大学人文・社会学研究科応用言語学コース
    金 賢娥(2012)「『NP1ヲNP2トV』型の名詞句解釈と副詞共起制限」『筑波応用言語学研究』19号 筑波大学人文・社会学研究科応用言語学コース
    工藤真由美(1995)『アスペクト・テンス体系とテクスト―現代日本語の時間表現―』 ひつじ書房
    城田 俊(1993)「文法格と副詞格」仁田義雄 編『日本語の格をめぐって』ひつじ書房
    鈴木美智(2007)『複合助詞がこれでわかる』ひつじ書房
    砂川有里子(1987)「複合助詞について」『日本語教育』62号 日本語教育学会
    砂川有里子(1990)「主題の省略と非省略」『文藝言語研究言語編』18
    砂川有里子(2006)「『言う』を用いた複合辞―文法化の重層性に着目して―」藤田保幸・山崎 誠 編『複合辞研究の現在』和泉書院
    蘇文郎(2009)「引用動詞と変化動詞の文法化現象をめぐって―『言う』『思う』『する』『なる』」 政大日本語研究第六号 政治大学日本語学科
    高橋太郎(1983)「動詞の条件形の後置詞化」渡辺実 編『副用語の研究』 明治書院
    塚本秀樹(1991)「日本語における複合格助詞について」『日本語学』10(3)
    寺村秀夫(1982)『日本語のシンタクスと意味Ⅰ』 くろしお出版
    中畠孝幸・楊佳(2006)「複合辞『として』について―中国語との対照―」藤田保幸・山崎 誠 編『複合辞研究の現在』和泉書院
    仁田義雄(1999)『日本語のモダリティと人称』 ひつじ書房
    仁田義雄(1998)『日本語の格をめぐって』 くろしお出版
    仁田義雄(2009)『日本語もモダリティとその周辺』 ひつじ書房
    日本語記述文法研究会(2008)『現代日本語文法⑥第11部 複文』くろしお出版
    日本語記述文法研究会=編(2009)『現代日本語文法④第8部 モダリティ』 くろしお出版
    日野資成(2001)『形式語の研究-文法化の理論と応用』九州大学出版社
    松木正恵(1990)「複合辞の認定基準・尺度設定の試み」『早稲田大学日本語教育センター紀要』2 早稲田大学日本語教育センター
    馬 小兵(1997)「複合助詞『として』の諸用法」『日本語と日本文学』第24号 筑波大学国語国文学会 pp.左23-31
    村木新次郎(1991)『日本語動詞の諸相』ひつじ書房
    森山卓郎(1988)『日本語動詞述語文の研究』明治書院
    山梨正明(1995)『認知文法論』ひつじ書房
    Hopper&Traugott (2003) 『文法化』日野資成 訳 九州大学出版会

    辞典
    『教師と学習者のための日本語文型辞典』(1998) くろしお出版
    『明鏡国語辞典』(2002) 大修館書店

    ツール
    コーパス:「新潮文庫100冊」(検索エンジン:サクラエディター)
    BCCWJ 「日本語均衡コーパス」(検索エンジン:ひまわり)
    中納言
    ネット毎日新聞
    goole図書
    Description: 碩士
    國立政治大學
    日本語文學系碩士班
    98556010
    101
    Source URI: http://thesis.lib.nccu.edu.tw/record/#G0098556010
    Data Type: thesis
    Appears in Collections:[日本語文學系] 學位論文

    Files in This Item:

    File SizeFormat
    601001.pdf1331KbAdobe PDF568View/Open


    All items in 政大典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - Feedback