English  |  正體中文  |  简体中文  |  Post-Print筆數 : 11 |  Items with full text/Total items : 89327/119107 (75%)
Visitors : 23829482      Online Users : 191
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/70589


    Title: 東日本大震災後の財政難題—復興財源と原発事故賠償を中心にー
    Authors: 郭永興
    陳玉蒼
    鄭力軒
    Contributors: 社會系
    Date: 2014.06
    Issue Date: 2014-10-15 11:05:59 (UTC+8)
    Abstract: 本稿は、震災後の9 か月間において、日本政府が長期的な財政破綻に陥らない経済運営を強いられながら、どのように短期的に巨額の震災復興財源を捻出したかという研究である。2011 年3 月11 日の東日本大震災発生後、日本政府はまず2010 年度の予備費を活用した。その後、財政措置約4 兆円(がれき処理、仮設住宅の建設、道路・港湾の復旧等)を計上する第1 次補正予算が5 月2 日に、財政措置約2 兆円(原子力損害賠償、被災者支援等)を計上する第2 次補正予算が7 月25 日に成立した。その財源には、既定経費の削減や基礎年金国庫負担の減額等(第1 次補正)、前年度剰余金受入等(第2 次補正)が充てられ、公債発行は回避された。東日本大震災発生後3 度目の補正予算となる2011 年度第3 次補正予算は、本格的な復興対策経費を追加するもので、「東日本大震災からの復興の基本方針」と「東日本大震災復興基本法」に基づき、与野党協議を経て2011 年11 月21 日に成立した。歳出追加額は12.1兆円となり、財源の95%が復興債で賄われ、その償還財源は、臨時増税等の歳出削減及び税外収入で確保する枠組みが示された。
    Relation: 問題と研究, 41(1), 31-56
    Data Type: article
    Appears in Collections:[社會學系] 期刊論文

    Files in This Item:

    File Description SizeFormat
    31-56.pdf606KbAdobe PDF685View/Open


    All items in 政大典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - Feedback