English  |  正體中文  |  简体中文  |  Post-Print筆數 : 27 |  Items with full text/Total items : 94586/125118 (76%)
Visitors : 30563535      Online Users : 127
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/77851


    Title: 和肯定表現共起的「ぜんぜん(全然)」
    肯定表現と共起する「ぜんぜん(全然)」について
    Authors: 蕭雅婷
    Hsiao, Ya Ting
    Contributors: 王淑琴
    蕭雅婷
    Hsiao,Ya Ting
    Keywords: 「ぜんぜん(全然)」
    肯定表現
    共起
    副詞
    意義用法
    Date: 2015
    Issue Date: 2015-08-24 09:51:38 (UTC+8)
    Abstract: 本研究特別將焦點放在和肯定表現共起的「ぜんぜん(全然)」上,並透過「現代日本語書き言葉均衡コーパス(BCCWJ)」之語料庫來收集「ぜんぜん(全然)」的使用例。根據收集之資料以考察和「ぜんぜん(全然)」共起的肯定表現為何,及其之特徵。又本研究也將針對和肯定表現共起的「ぜんぜん(全然)」之意義用法,及容易和其共同使用的語言形式等逐一進行考察。
    本論文主要由五大章節構成。首先,序章闡述研究動機和目的、研究範圍和計數方法、研究次序等。接下來,第1章就先行研究以及其中相關的問題點做說明。第2章則透過「現代日本語書き言葉均衡コーパス(BCCWJ)」之語料庫來調查和「ぜんぜん(全然)」共起之肯定表現的分布状況,並考察和「ぜんぜん(全然)」共起的肯定表現之特徴為何。又藉由觀察「ぜんぜん(全然)」之共起傾向,來探討其所反映出的副詞定位問題。
    第3章則針對「ぜんぜん(全然)+肯定表現」之意義用法、及之所以會有此種意義用法的原因做一闡述。第4章則調查除了「明示的比較形式」以外,還有什麼樣地語言形式容易和「ぜんぜん(全然)+肯定表現」一同使用。再者,其容易和「ぜんぜん(全然)+肯定表現」共起的理由也將詳加論述。最後,第5章將彙整本論文的結論及闡述今後的課題。
    Reference: 秋田恵美子(2005)「現代日本語の「ちょっと」について」 創価大学別科紀要
    17、pp.72-89
    梅林博人(1994)「副詞「全然」の呼応について」 『国文学解釈と鑑賞』
    59:7、pp.103-110、ぎょうせい
    岡崎友子(2006)「程度を表す指示副詞について」 大阪大学大学院文学研究科紀
    要46、pp.65-87
    岡本佐智子・斉藤シゲミ(2004)「日本語副詞「ちょっと」における多義性と機
    能」 北海道文教大学論集5、pp.65-76
    影山太郎(2008)『日英対照 動詞の意味と構文』 大修館書店
    梶田優(2004)「<周辺><例外>は周辺・例外か」 『日本語文法』4巻2号、
    pp.3-23
    加藤陽子(2010)『話し言葉における引用表現―引用標識に注目して―』  くろしお
    出版
    柏木成章(2005)「「まだ」と「もう」」 大東文化大学紀要・人文科学43、
    pp.125-131
    近藤泰弘(1997)「否定と呼応する副詞について」『日本語文法-体系と方法-』
    ひつじ書房
    金水敏・工藤真由美・沼田善子(2000)『時・否定と取り立て』 岩波書店
    北原保雄(2004)『問題な日本語』 大修館書店
    ――――(2010)『日本語の形容詞』 大修館書店
    工藤真由美(1995)『アスペクト・テンス体系とテクスト』 ひつじ書房
    ―――――(1999)「否定と呼応する副詞をめぐって―実態調査から―」大阪大学文学部
    紀要39、A69-A107
    国広哲也(2006)『日本語の多義動詞―理想の国語辞典Ⅱ』 大修館書店
    郡司隆男・阿部泰明・白井賢一郎・坂原茂・松本裕治(2004)『言語の科学4 意
    味』 岩波書店
    国立国語研究所(1985)『現代日本語動詞のアスペクトとテンス』 秀英出版
    ―――――――(1991)『副詞の意味と用法』 国立国語研究所
    佐野 真一郎(2010)「『日本語話し言葉コーパス』を用いた「全然」の変化の詳
    細化」国際基督教大学、33-42
    鈴木重幸(1972)『日本語文法形態論』むぎ書房
    泉子・K・メイナード(2001)『談話分析の可能性―理論・方法・日本語の表現性―』 
    くろしお出版
    高橋太郎(2003)『動詞九章』 ひつじ書房
    高見健一・久野すすむ(2006)『日本語機能的構文研究』 大修館書店
    ――――――――――(2014)『日本語構文の意味と機能を探る』 くろしお出版
    田窪行則(1998)『視点と言語行動』 くろしお出版
    田窪行則・西山佑司・三藤博・亀山恵・片桐恭弘(2004)『言語の科学7 談話と文
    脈』 岩波書店
    田中里実(2006)「陳述副詞と文末表現の共起関係―「きっと」「かならず」「ぜ
    ひ」を出発点として―」 日本語教育方法研究会誌vol.13 No.2、pp.50-51
    田野村忠温(2004)「周辺性・例外性と言語資料の性格―その相関の考察―」『日本
    語文法』4巻2号、pp.24-37
    茅野直子・秋元美晴・真田一司(1993)『外国人のための日本語例文・問題シリーズ
    1 副詞』 鴻儒堂出版社
    寺村秀夫(1998)『寺村秀夫論文集Ⅱ ―言語学・日本語教育編―』 くろしお出版
    ――――(2003)『日本語のシンタクスと意味 第Ⅱ巻』 くろしお出版
    杜宜衿(2011)「副詞「よく」の意味用法―類義の副詞との比較を中心に―」 国立
    政治大学日本語学科修士論文
    西原鈴子・川村よし子・杉浦由紀子(1994)『外国人のための日本語例文・問題シリ
    ーズ5 形容詞』 荒竹出版
    仁田義雄(2002)『副詞的表現の諸相』 くろしお出版
    仁田他(2007)『現代日本語文法3』 第5部アスペクト 第6部テンス 第7部肯
    否 くろしお出版
    ―――(2009)『現代日本語文法4』 第8部モダリティ くろしお出版
    ―――(2011)『現代日本語文法6』 第11部複文 くろしお出版
    ―――(2009)『現代日本語文法7』 第12部談話 第13部待遇表現 くろしお出版
    野田春美(2000)「「ぜんぜん」と肯定形の共起」 計量国語学第二十二巻第五
    号、P.169-P.182
    服部匡(2007)「大規模コーパスを用いた副詞「全然」の共起特性の調査―朝日新
    聞とYahoo!知恵袋の比較―」 同志社女子大学学術研究年報58、1-8
    林雅子(2004)「情態副詞をめぐって」龍谷大学国際センター研究年報 第13号、
    P.3-P.14
    朴秀娟(2010)「否定とも肯定とも共起する副詞「とても」について : 否定用法に
    見られる「条件づけ」を中心に」 大阪大学日本語研究 22、 P.43-P.63
    益岡隆志・田窪行則(1989)『基礎日本語文法』 くろしお出版
    村木新次郎(2012)『日本語の品詞体系とその周辺』 ひつじ書房
    森田良行(1977)『基礎日本語1』 角川書房
    ――――(1980)『基礎日本語2』 角川書房
    ――――(1981)『日本語の発想』 冬樹社
    ――――(1984)『基礎日本語3』 角川書房
    ――――(1989)『日本語をみがく小辞典<形容詞・副詞篇>』 講談社
    ――――(1996)『意味分析の方法―理論と実践―』 ひつじ書房
    ――――(2010)『動詞・形容詞・副詞の事典』 東京堂出版
    森本順子(1994)『話し手の主観を表す副詞について』 くろしお出版
    八亀裕美(2008)『日本語形容詞の記述的研究―類型論的視点から―』 明治書院
    山岡政紀(2003)『日本語の述語と文機能』 くろしお出版
    由本陽子(2005)『複合動詞・派生動詞の意味と統語―モジュール形態論から見た日
    英語の動詞形成―』 ひつじ書房
    吉永尚(2008)『心理動詞と動作動詞のインターフェイス』 和泉書院
    賴錦雀(2005)『日本語次元形容詞研究』 致良出版社
    ―――(2007)『日本語心象形容詞研究』 致良出版社
    Description: 碩士
    國立政治大學
    日本語文學系碩士班
    100556010
    Source URI: http://thesis.lib.nccu.edu.tw/record/#G0100556010
    Data Type: thesis
    Appears in Collections:[日本語文學系] 學位論文

    Files in This Item:

    File SizeFormat
    601001.pdf873KbAdobe PDF831View/Open


    All items in 政大典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - Feedback