English  |  正體中文  |  简体中文  |  Post-Print筆數 : 27 |  Items with full text/Total items : 95844/126434 (76%)
Visitors : 31594988      Online Users : 430
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/121214


    Title: 第二期馬英九政権下の日台関係の展開:日台民間漁業取決めを中心に
    Authors: 石原忠浩
    Contributors: 國際事務學院
    Date: 2017-12
    Issue Date: 2018-12-05 14:38:50 (UTC+8)
    Abstract: 本文は馬英九政権時代の日台関係の回顧編第二弾として、「日台民間漁業取決め」の締結と意義について整理する。今取決めは、第一期馬英九政権下で形成、確立した実務交流の協力と強化を最も体現する結果となった。5 月号では馬英九政権期の日台関係の回顧の第一弾として、実務交流メカニズムの形成とそのメカニズムを通じた交流枠組みの中で日台関係が、政権当初の摩擦と躓きから、台湾側から、実務関係を中心に日台関係の協力と強化を望む構想が提出され、双方が、短中期的な日台実務交流と協力の強化の方向性を位置づけることとなった「2010年覚書」を締結後、スムーズな流れができたと指摘した。2011 年3 月の東日本大震災は東北地方を中心に未曾有の災害をもたらしたが、同地震に対して台湾官民が日本に向けた支援に日本側は感動し、その後は日本からのお礼などエール交換が続いた。その後も日台間で台風、地震等で自然災害が起こるたびに双方が支援しあう流れができ、国民間の友情もさらに増進することとなった。その後は、「投資取決め」、「航空便の自由化」など各種の取決め、覚書が締結されていった。
    Relation: 交流, Vol.921, pp.25-34
    Data Type: article
    Appears in Collections:[東亞研究所 ] 期刊論文

    Files in This Item:

    File Description SizeFormat
    201712.pdf618KbAdobe PDF169View/Open


    All items in 政大典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - Feedback