English  |  正體中文  |  简体中文  |  Post-Print筆數 : 27 |  Items with full text/Total items : 93218/123590 (75%)
Visitors : 27664556      Online Users : 264
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/100939


    Title: 日本語教育と日本研究の連携─アーティキュレーションという連携─
    Cooperation between Japanese-Language Education and Japan Studies- From a perspective of "articulation"
    Authors: 嘉数勝美
    Kazazu,Katsumi
    Date: 2013-01
    Issue Date: 2016-08-30 16:26:25 (UTC+8)
    Abstract: 地球規模の国際化(グローバリゼーション)が進む現在、世界的に影響を及ぼす事柄が多極的に生起し、しかもその内容は多様化している。このような状況を受けて、学問・研究の各領域も、各々のディシプリン(discipline:学術規範)の枠組みの中だけで集約・収斂していては、もはや社会的要請に応えられない趨勢となっている。いわゆる「学際的アプローチ」(interdisciplinary)の必要性の急激な増大である。日本語教育と日本研究とは、いわば車の両輪として、日本と諸外国との相互理解を増進するための研究と実践に努めてはきたものの、必ずしも両者(輪)の駆動軸が、それぞれに必要な回転エネルギーを等しく伝達してきたとは言えない実情が垣間見られていた。しばしば、前者には「道具論」として、後者には「学術論」として、まったく回転運動が噛み合わないエネルギーが、それぞれに伝えられていたようである。そのため、時として、一台の車としての正常な前進運動に支障を来たすこともあり、双方の力のモーメントやタイミングを調整することが、かねてからの懸案となっている。それを、両者の連携強化、と言うのは容易であるが、単に理念的にではなく実際性を伴ったものにするためには、一工夫が必要だろう。たとえばその一法として、いま日本語教育で盛んに論じられている教育課程間・能力レベル間での<継続的で滑らかな上昇移行・連携>、いわゆる「アーティキュレーション」の理念と手法を、日本語教育と日本研究との連携に応用してはどうか、と提案するのが、本稿の主意である。
    Relation: 政大日本研究,第十號,41-52
    Chengchi journal of Japanese studies
    Data Type: article
    Appears in Collections:[第10號] 期刊論文

    Files in This Item:

    File SizeFormat
    no1002.「日本語教育と日本研究の連携─アーティキュレーションという連携─」嘉数勝美.pdf283KbAdobe PDF148View/Open


    All items in 政大典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - Feedback